ドローンを活用した建物調査

ドローン調査の特徴

迅速な作業

建物の調査を行う場合、調査箇所が広範囲だったり、高い場所である場合、足場やゴンドラなどを使用しなければ調査できないということが普通でした。ですがドローンで調査を行うことによって、設置時間などはなくなりとても迅速に調査に取り組み始めることができます。もちろん撤収作業もなくスムーズなため、全てにおいて迅速な行動が可能です。

確実な調査

データとして調査内容が残るため、調査をご依頼された方もご一緒に状況を確認することができます。写真では広範囲で撮りきることができない場合もございますが、ドローンであればより詳細に情報を知ることが可能となります。そのためより正確で確実な建物の分析が可能となります。

どんな場所でも調査可能

足場やゴンドラなどでも立ち入ることができない場所でも、ドローンであれば調査は可能です。目視だと危険な場所でもドローンであれば安全に確認することができます。またカメラにはズーム機能もありますので、ドローンであっても近づけないような箇所でも調査が可能となっております。

※航空法にて飛行出来ない場所もあります。空港周辺、原子力事業所、外国公館、人口集中地域、イベント上空、上空150m以上の空域

こんなお考えをお持ちの方におすすめ

  • 調査費用を抑えたい
  • 調査期間を短くしたい
  • ドローン調査で人的な事故リスクを抑えたい
  • 台風など災害後の敏速な調査
  • 人が上がれない老朽化した建物調査
  • 足場を組みことなく、空から点検できる
  • 膨大な現場を効率よくチェックできる

調査範囲

  • 屋根:瓦、スレート、鋼鈑、コロニアルなど上空からのズーム撮影
  • 外壁:サイディング、モルタル、ALC、タイルなど上空からのズーム撮影
  • 屋根、外壁の面積や役物の長さなど素早く確認出来る
  • 台風による風災被害の調査

使用ドローン

  • 名称 DJI製 MAVIC2 ZOOM
  • 台数 1機

調査風景 

費用について

ドローン料金表(税込)

基本作業 1SET 30,000円

オプションメニュー

建物の壁・屋根面積測定 1SET 3,500円
画像を含む報告書作成 1SET 5,000円

[注意事項]

● 基本作業1SET=1物件 1度に複数件の場合は別途ご相談致します。

● 雨漏りの調査は含んでおりません。画像による確認までとなります。

● 雨天、強風の場合は飛行できません。

● 飛行場、自衛隊基地、イベント会場での飛行は出来ません。

ご依頼の流れ

お問い合わせ

ドローン調査をご希望のお客様は電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

TEL:0940-36-9966TEL:0940-36-9966

現地調査

ドローンが使用できるかどうか、周りの建物の状況などをスタッフが現地にて確認いたします。

お見積もり・契約

現地調査をもとにお見積もりをさせていただきます。お見積もりにご納得いただけましたらご契約となります。

調査開始

ご指定場所をドローンにて調査を行います。調査完了後は調査報告書をお渡しいたします。ご不明な点は何度でもお尋ね下さい。

よくある質問

建物調査を依頼したいのですが、ドローンを使用できない場所などありますか?
飛行場周辺や国の重要施設周辺では法律により飛行が禁止されている地域があります。
ドローン調査を行う場合許可は必要ですか?必要な場合何か準備することはありますか?
弊社は国土交通省からの飛行許可を受けた事業者です。お客様側で許可を得る必要はありません。
ドローンで調査を行っていただいた後、修繕まで一括で行っていただけますか?
修繕工事まで弊社で対応致します。また風災による火災保険申請から見積り工事まで致します。お気軽にご相談下さい。
ドローン調査中に事故が起こってしまったりしませんか?
ご安心ください。ドローン保険に加入しております。
調査中騒音はしますか?
気になるほどの音ではないのですが、多少音はします。予めご了承ください。
雨や天候の悪い日でも調査は行いますか?
雨天や風の強い日のドローン調査は行えません。別日の調査となりますのでご了承ください。